HOME > サービス > 

インナーブランディング

inner branding

インナーブランディング

表向きだけだと、裏目に出る。

「言ってること」と「やってること」の距離を、
限りなく0にするインナーブランディング。
『インナーブランディングとは…』
インナーブランディングとは、自社の商品やサービスが消費者に渡るまでのプロセスに関わる全てのヒトを対象として、企業理念や企業ブランドの価値、目指す姿を理解させ、その実現に向けて意識を変化させる啓蒙活動のこと。
そして「全てのヒト」には社員やアルバイトパートタイマー、派遣社員などの自社スタッフはもちろんのこと、商品運搬に関わる輸送業や倉庫業、卸売店から小売店に至るまで、商品やサービスの提供に関わる全てが含まれます。
『一人ひとりの意識と行動が企業のブランドを体現する』
お客様や株主をはじめとしたステークホルダーに対し発信している「当社はこのような会社です」という「企業としての約束」と「社員がやっていること」が一致しない…。このような状況に心当たりは無いでしょうか?
経営陣がいかに素晴らしい約束やビジョンを提唱しても、肝心のスタッフや関係者に意識と行動が無ければ「企業のブランドが実現していない」状態に他ならず、これでは単なる理想論で終わってしまいます。
『インナーブランディングが失敗する要因』
インナーブランディングを検討される方の中には、これまで幾度もインナーブランディングを試みては知らぬ間に立ち消えとなってしまったり、効果を実感する前に断念を余儀なくされてしまった方も多いことと思います。
これまで、十分な効果を得られなかったインナーブランディングでの多くは、経営陣が唱えるビジョンや企業目標、ブランド実現でスタッフとの納得・共感が醸成できず「また社長が何か言っているなぁ…」と他人事のように流されてしまっていたり、せっかく共感してくれているスタッフに対し「行動するのは君たちです」などと現場に丸投げしてしまったりと、マネジメント側に問題があることも多く見受けられます。
また、スタッフの行動だけならばブランドが実現する方向へと強制的に変えることは出来るかもしれません。しかし、強制された行動はいつまでも「受け身」でしかなく、強固な行動管理など永続的にできるものではありません。一方的なスピーチや短絡的な制度変更、強制力などではヒトのココロを動かし、スタッフ自らの意思で率先した行動へと繋げることはできません。
『PADDLEのインナーブランディング』
そこでPADDLEでは、クライアントのスタッフ一人ひとりが、自社のブランドに誇りと自負を持ち、自らの意思と行動で企業のブランドを体現する企業風土が根付くよう、スタッフ側の心理的プロセスに沿って包括的な施策を実施。
インナー・アウターの両輪からブランディングを支援いたします。

prev

地域ブランディング

next

パーソナルブランディング
^