HOME > サービス > 

グラフィックデザイン

graphic design

グラフィックデザイン

価値のデザイン、売れる仕組みを可視化する。

ツールのデザインがどんなによくても、価値を感じにくい商品やサービスはターゲットに
届きません。だから私たちは企業や商品、サービスの価値をデザインすることからはじめます。
商業デザインにおいて、売れる仕組みが見えてこないものをデザインとは呼べない、
パドルデザインカンパニーではそう考えています。
目標達成へと導くパンフレット
一般的にパンフレットの役割は、企業や事業の製品・サービスを紹介・案内する媒体であると言われていますが、あらゆる業界において競争の激化する現代において、「紹介」「案内」のように情報を提供するだけでは目標とする成果を達成するのは容易ではありません。目標達成へと導くためのパンフレットとは、消費者の注目・興味を惹き欲求を刺激する「視覚的訴求力」と、満足がもたらされることを納得させ行動へと誘導する「論理的訴求力」を具備することが必要不可欠とされ、他社との競争を勝ち抜き、成果に繋がるパンフレットの要件であるとパドルデザインカンパニーでは考えています。
消費者の注目・興味/理解・納得から行動へ導く
企業価値を高める会社案内
会社案内は、商談を成約に導く営業支援、企業ブランディング、CSR(企業の社会的責任)、人材採用など、様々な用途の企業PRを支えるサポートツールであり、企業PRの核となるものだけに会社案内の作成には確かな戦略が必要不可欠です。会社案内では、企業のブランディングを踏襲させたデザイン性やコンテンツづくり、印刷用紙・加工・印刷方法等の仕様に至るまで、あらゆる要素がその企業の事業やサービスの独自性を訴求し、企業価値を高める重要なファクターとなります。

そのため、パドルデザインカンパニーでは、会社案内作成時に訴求対象(一般消費者/販売事業者)、主用途(企業情報の提供/差別的優位性の訴求/ブランドイメージの定着)、使用方法(直接配布/設置頒布/資料送付)などを始めとした具体的な情報を綿密なヒアリングにより紡ぎ出し、情報分析、戦略立案、企画策定を経て、会社案内制作に着手します。これにより、会社案内に求められる情報提供力にブランド訴求力を付与し、営業補佐から人材採用まで利用可能な汎用性の高い、費用対効果に優れる会社案内パンフレットを作成しています。
事業やサービスの独自性を訴求し企業価値を高める
製品価値を最大化するカタログ
カタログは、目的別もしくは特定メーカーの取扱製品について、より詳細な情報を求めて閲覧される媒体であるため、カタログの利用者は目的意識が高く、成果に近い優良な潜在顧客であると言えます。カタログ利用者の情報欲求を満たし、購買アクションに繋げるには、充分な情報量と容易に目的を達せられる「検索性」が重要です。 また、膨大な情報量を誇るカタログにおける訴求表現は、製品個々の魅力について追求するパンフレットのそれとは異なり、企業の理念・姿勢、開発コンセプトなど企業や製品全体の信頼性を高めるコンテンツによって、消費者の心に好意や安心感を醸成する「ブランディング」を軸とした製品価値の最大化を図ります。
ブランディングを軸とした製品価値の最大化
汎用性に優れるリーフレット
リーフレットは、豊富な情報量を誇るパンフレットやカタログなどとは異なり、コンパクトサイズであるがゆえのポータビリティに優れる訴求媒体です。施設内設置・店頭頒布・街頭配布などを始め実に多くの用途で活用出来る汎用性の高さから、飲食店・美容室・エステサロン・病院・老人ホーム・介護福祉・不動産業など、業種業態を問わず各種PRに使用されています。コンパクトサイズでポータビリティに優れる反面、情報掲載量やデザイン制作上の制限を受けるため、効果的なリーフレットを作成するには密度の高い情報掲載とグラフィックデザインによる訴求が必要不可欠となります。
密度の高い情報掲載とグラフィックデザインによる訴求

prev

ブランディングの流れ

next

ウェブコミュニケーション
^