HOME > サービス > 

企業・商品ブランディング

corporate branding

企業・商品ブランディング

魅せるためではなく、稼ぐための戦略。

企業や商品の価値を見つけ、磨き、
売り上げにつなげるブランディング。
『ブランド戦略とは』

ブランディングでは、ブランド価値の提供だけでなく、ブランド価値の収益への転換までが求められますが、ブランド力は、「ブランド価値の高さ×価値を認めている顧客数」で決まります。そのためブランド力を高めるためには「ブランド価値を高める」だけでなく「ブランド価値を認めている顧客数を増やす」という両輪が必要となります。

『まず価値(質)を高め、その結果として顧客数(量)を増やす』

知名度の高いブランドに対して「ブランド力がある」という言い方をしますが、紐解いてみると価値はそれほど高くなくても誰しもが知っているがゆえのブランド力もあれば、人数は少なくても熱狂的に価値を支持されているブランド力もあります。今日のブランディングでは、ブランド価値の向上が先にあり、その結果として価値を認めてくれる顧客数が増えることでブランド力が高まる。つまりは「質が先、量は後」の順序で施策することが肝要です。

『ブランディングによるビジネスへの貢献』
ブランディングに関する業務でもっとも議題に上がるのは「ブランド力の強化でビジネスが良くなるのか?」という点です。ブランディング活動がなぜビジネスに貢献できるのか?企業側のメリットには以下の3つがあります。いずれも起業家や経営陣が腐心している"収益に貢献する"ことに繋がっており、この3点こそがブランディングの存在する意義でもあります。

① 顧客満足度の向上(CS↑)→価格競争からの脱却(GPR↑)→収益に貢献

② 顧客との絆強化(CD↑)→顧客との取引長期化(LTV↑)→収益に貢献

③ 顧客からの評判向上→新規顧客獲得にかかるコスト削減(CPA↓)→収益に貢献

『まず何からブランディングすべきか』

まず何をブランディングすべきかですが、基本形としては「企業ブランド≦事業ブランドの集合体≦商品ブランドの結集体」ですので、ブランディングの活動内容に関しては大きな違いはありません。企業ブランド、事業ブランド、商品ブランドの何からブランディング活動の焦点をあてるべきかはビジネスの背景で決まります。

商品が消耗消費財(食品・日用品など)である場合、各商品が強いブランドになることでリピーターが発生し、商品自体に大きな変更を伴わなくても長期的にブランド価値を維持できます。

商品が耐久消費財(家・車・家電など)の場合、次回購買時までに長い時間を要するため、将来も商品ブランドが同じスペックや価格体系であるかは予測しにくくなっています。また、耐久消費財では一度購入した人が同じものを購入することは少なく、次は上位機種などへ移行するのが普通です。また、家電などの場合、利用期間の間に別の家電製品を検討(テレビを購入した人が掃除機を購入)するなどの機会も発生します。

また、起業時や個人ビジネスなどでは商品ブランドを重視すべきですが、反対に企業ブランドが先行してしまうビジネスでは企業ブランドを重視すべきです。

企業ブランドのビジネス背景

● 耐久消費財(家・車・家電)など、同じ商品ブランドの継続利用が見込めない

● 企業の信頼性が商品ブランドに大きく影響する(保険・流通)

● BtoBビジネスのため、企業ブランドは先行する

商品ブランドのビジネス背景

● 消耗消費財(食品・日用品)など、同じ商品ブランドの継続利用が見込める

● 起業時は、まず商品ブランドを先行させる

● 個人ビジネスのため、商品ブランド=人物=企業ブランドとなっている

tool and how to

企業ブランディングに向けた制作ツールと進め方
PHASE01
理解フェイズ
「プロジェクトメンバーの決定」

・主体となるプロジェクトメンバーを決定します

「調査/分析」

・社内:理念浸透・意識確認アンケート調査の実施

・社外:グループインタビュー実施(定性・定量)

「キーマン・インタビュー」

・代表権を持つキーマン(社長・会長)へのインタビュー

・リーダー(管理クラス、中堅社員)へのインタビュー

「コンセプトメイク」

・企業スピリッツ、ポリシー、フィロソフィを再定義

・コンセプトを検討

PHASE02
理念策定フェイズ
「コンセプト・ミッション・ビジョンを中心とした理念の整理」

・理念にまつわる現状課題をふまえ、誰に何をどのように伝えていくかを決定

CI構築 CORPORATE IDENTITY

・ミッション/ビジョン

・スピリット/スローガン

・ブランドストーリー/ロゴ

・コンセプトデザイン

PHASE03
言語化・デザイン化
「策定された理念と、伝達方法を具現化」

・自社の独自性を統一された表現でステークホルダーに伝えていきます。

PHASE04
理念浸透フェイズ(社内)
「インナーブランディング」

・スライド、映像を社員総会でリリース、全社員に向け具現化された理念を発表する。

PHASE05
理念浸透フェイズ(社外)
「アウターブランディング」

・ステークホルダーに向け具現化された理念を発表。ブランドに関わるVIを統一しブランドイメージの浸透を図る

PHASE06
理念浸透フェイズ(社外)
「ブランドの運用」

・統一されたブランドイメージを発信し続けることで、ブランドイメージの浸透を図り、中長期的なブランド運用を図る

□ミッションアワード創設

1年の活動を通して、理念を最も体現した社員を、表彰状、トロフィー、インセンティブなどで表彰

□イヤーブック/周年記念

1年の活動を編集加工して配信、周年の節目にはイベントを開催

パドルデザインカンパニーでは、顧客志向のマーケティングプロセスをベースに綿密なヒアリングとチーム体制によって、クライアントのブランド構築を成功へと導きます。

prev

スペースデザイン

next

採用ブランディング
^