HOME > サービス > 

地域ブランディング

area branding

地域ブランディング

見慣れた地域が、見違える。

地域をひいきにしてもらう、
その場所でしかできない地域ブランディング。
『地域ブランディングとは…』
地域ブランディングとは、行政・企業・地域の有志などの働きかけによってその地域の魅力を極大化しようとする活動を差します。人口の流出、地域高齢化、文化の衰退、伝統ある街並みの画一的な開発など、地域ごとに抱える問題は様々ですが、地域の魅力を極大化しようとする活動が全国的に盛んになっています。
『地場産業活性・観光客誘致・人口増を後押しする地域ブランディング』
自身の地域を思い浮かべた際「名物となる特産品や観光地が思い浮かばない」「食べ物が美味しそう・海がキレイなど好ましいイメージが思い浮かばない」このような状況に心当たりは無いでしょうか?
地域ブランディングには、特産品や観光地など「モノ(実体)」から地域をブランド化する方法と、"食べ物が美味しそう""海がキレイ"などのイメージを連想させる「街づくり」からブランド化する方法があります。
『地域ブランディング失敗の要因』
地域ブランディングを検討される方の中には、これまで幾度も地域ブランディングを試みては知らぬ間に立ち消えとなってしまったり、イメージが浸透しない内に幕引きを余儀なくされてしまった方も多いことと思います。
これまで十分な実感を得られなかった地域ブランディングでの多くは、地域ブランディングの基となる歴史や文化、地域特性や観光資源、特産品などが全く無い訳ではなく、その地域を憂うからこそもつ主観的な固定概念や関係者間の利害を考え過ぎてしまうことから議論が空転し、目先の特産品や安易なゆるキャラ制作に走ってしまうことも多く見受けられます。
また、一過性の集客やPRだけならば、イベントの催行や出展によって果たされるかもしれません。しかし、単発的な施策だけでは地域の魅力を内外に根付かせることはできず、予算管理の観点からも頻繁に催行するわけにはいきません。
『PADDLEの地域ブランディング』
そこでPADDLEでは、現地調査や地域や関係者の方との対話を重ねることで、そこに眠る本質的価値を発掘。マーケティング手法を駆使し、見つかった本質的価値をターゲットに届く形にデザインしていきます。

prev

周年企業ブランディング

next

インナーブランディング
^