HOME > サービス > 

周年事業ブランディング

anniversary branding

周年事業ブランディング

愛でたい企業になるか、おめでたい企業になるか。

企業の節目を、変わり目にする、
周年事業ブランディング。
周年事業は企業が飛躍する絶好のチャンス。
10年継続する企業は10%以下と言われるこの時代に、10年、20年、30年と続く企業は、企業そのものや商品・サービスに多くのファンを抱えていると言えます。そうした企業が存続できた理由はただ一つ。お客様や社員を始めとするステークホルダーに必要とされ、愛された結果です。パドルデザインカンパニーでは、周年事業をただの記念に終わらせることなく、全てのステークホルダーに感謝の意を伝える場とすることで、ブランド・エンゲージのさらなる強化を図ると共に、新たなファンづくりを行い、未来へ飛躍するきっかけづくりを行います。
周年記念はリブランディングの絶好のタイミング。
突如のリブランディングはネガティブな噂を招きやすく、計画性の不透明さからブランド浸透に多くのハードルを要します。それに比べ、周年事業を契機とするリブランディングは、綿密な計画性を想起させ、社内の意思統一が図りやすいタイミングであり、お客様を始めとする全てのステークホルダーにポジティブな印象を与えることができます。
周年事業を活かして効果的なブランド構築を。
十年に一度、数十年に一度となる貴重な周年事業を、単なる社内向けの記念式典だけで終わらせてしまうのは非常に勿体無いことだと言えます。もちろんスタッフと企業理念やこれからのビジョンを共有することは素晴らしいことですが、周年事業ともなれば、スタッフはもちろん、スタッフの家族、取引先、お客様など全てのステークホルダーに改めて自社の存在感と価値を示し、企業ブランド向上を図るとともに、新たな営業アプローチをかけることも可能です。だからこそ、ブランディング活動の開始には非常に適したタイミングなのです。
お客様1社1社に合った企画提案を。
パドルデザインカンパニーでは、周年記念のタイミングを最大限に活かせるよう、全てのステークホルダーとのブランド・エンゲージ強化を図ると共に、新たなファンづくりを目的とする、お客様1社1社に合った周年企画をご提案させて頂いております。ブランディングにおいて最も難しいとされるインナー施策には、課題に応じたアイデアと実行に要する期間をきっちりと設け、着実に一歩ずつ実行していきます。
周年事業ブランディング 失敗の要因。
周年事業ブランディングを検討される方の中には、過去の節目を契機としてブランディングを試みたことがある方も多いようです。これまで十分な実感を得られなかった周年事業ブランディングでの多くは、周年事業が単なる記念イベントとして催行され、自己満足で終わってしまっているのかも知れません。
もちろん周年事業を機会に自社の歴史を振り返ることも大切ですが、最も重要なのは「今までのコト」よりも「これからのコト」なのです。
「周年事業ブランディングとは」
周年事業ブランディングとは、ブランディングを開始する契機として、創立○周年(個人事業開始時からの年数)や設立○周年(法人化してからの年数)などの企業や事業にとっての大切な節目を活かし、ブランド構築活動を行うことを指します。実際のブランディング活動がどこまでビジネスに貢献できるかは、ブランディング活動の開始時期と密接に関係しており、効果的なタイミングとあまり好ましくないタイミングが存在します。

prev

採用ブランディング

next

地域ブランディング
^