デザインで変えていく。デザインを変えるより、
RATHER
THAN
CHANGINGBYDESIGN,
WEWILLCHANGEBYDESIGN.
Scroll

Our Philosophy

装飾する。演出する。デザインとは、そういうものではない。商品やサービス、企業の存在価値を
掘り起こして、見えるものにする。
新しい価値をつくるのではなく、
いまある価値を整理して、磨く。
理想の姿と、現実の姿。この溝を埋める。デザインとは、そういうもの。

私たちがデザインするもの。それは、目に見える表面的なものではなく、もっと奥深くに、そっと眠っているもの。想いや考え方、姿勢や佇まい。そういう内面的なものが
デザインされていなければ、
どんなに美しいデザインであったとしても
人に届かない。
社会は動かないのだから。

Works

食品製造業 ブランディング実績62

株式会社営洋

Branding

乾燥具材のパイオニアであり、国内シェアはNo.1。だからこそこれまでは特別なことをしなくても受注につながっていました。今後、海外市場をさらに広げていこうとする中、コーポレートサイトと会社案内もリニューアルを計画。独自技術によって生み出される数々の製品をはじめ、新しい取り組みとしてスタートしているソイプロテイン製品の紹介、安心・安全に対する取り組みなど、国内外を問わず、誰が見ても分かりやすい情報発信を心がけました。

食品ブランディング実績61

株式会社アクアデザイン|Resonance Oil

Branding

TERAQOLのキープフレッシュ製法と、過熱蒸気水を利用した酸化還元製法を施し、過熱しても酸化・劣化しづらい食用油がこの「Resonance Oil(レゾナンスオイル)」。酸化・劣化しにくく、素材への油の吸収を30%低減するため、胸焼けしにくいのが特徴です。また、食品からの摂取が必要となる「オメガ3系脂肪酸」や「オメガ6系脂肪酸」をベストなバランスで含むことから、美容と健康にも適していると言えます。とても上質で高級なオイルのため、ブランドの優位性をデザインで伝えることが最も重要なポイントでした。

銀行 採用ブランディング実績60

株式会社群馬銀行

Branding

群馬に地縁があり、群馬での就職を希望するUターン学生をターゲットに内定承諾率の向上につながること。採用サイトをリニューアルすることで、群馬銀行への興味喚起を図ること。業界が持つ「堅い」「やりがいが少なそう」というイメージを払拭し、群馬銀行自体に対するイメージアップを図ること。これらの本質的な魅力がしっかりと伝わるオープンサイトと、入行後の働き方や部署の多様さを伝えるメンバーズサイト、そして採用動画を制作し、採用ブランディングを図りました。

商品ブランディング実績59

株式会社ワイズ|SUNPOCKET

Branding

昨年度のランドセル商戦において、オリジナルブランド製品の売上が大幅に上昇。そこでクリエイティブでは基本的に昨年のデザインを踏襲、さらにオリジナルブランドの特徴を強く打ち出し注目を集めることをねらいました。同社のランドセルの特徴は「ご両親が子どもを想う視点」を大切につくられていること、そして子どもたちの「かわいい!」「かっこいい!」を的確に捉えるディテールのあるデザインです。今年は動画表現を加え、実物を見ているかのように魅力を伝えるクリエイティブを実施しました。

物流業 採用ブランディング実績57

南総通運株式会社

Branding

物流業界は変革期にあり、AI、IoTを活用したDXの取り組みが進められています。同社もイノベーション人材を獲得するため、「新しさ」を前面に出した採用活動を行っていました。しかし、その打ち出し方は創業80年の伝統と格式を重んじる会社の雰囲気とはギャップがあり、ミスマッチが起こっていました。そこで本質的な魅力に軸足を置きながら、意識の高い学生にも響く採用コンセプトから開発。採用ポスター/採用リーフレット/採用案内サイト/採用案内ムービー/採用案内パンフレット/説明会スライドなど、採用ツール一式を制作し採用ブランディングを図りました。

飲料水 VI開発実績58

株式会社アクアデザイン|Bio-Resonance Water

Branding

TERAQOL技術を用いて、テラヘルツ波とソルフェジオ周波数を水に留め置いた、まったく新しい健康水がこの「Bio-Resonance Water(バイオレゾナンスウォーター)」。振動、そして周波数の領域は、科学要素が強く、難解な情報入稿から制作がスタートしましたが、一般消費者にも商品の魅力や優位性が分かりやすく伝わるよう、すべての原稿をリライトし、映像・写真・図解などを用いて表現。商品の特徴である「振動や周波数」が伝わるようデザインしました。

Branding Flow

私たちの基本的なブランディングフローです。従業員の方々へのアンケートやワークショップなどを通じて、
コンセプトを立案したのち、コミュニケーションツールの開発、リリース後のフォローまで一貫して行っています。

お問い合わせ
オリエンテーション/ヒアリング
戦略思考
コンセプト開発
コンテンツ作成・ライティング
デザイン開発(ロゴ・パンフレット・
 Webサイト・動画など)
マーケティング/PRで価値を普及
イベントなどでの交流を企画
継続的な情報発信でファン獲得
01

戦略策定フェーズ

オリエンテーション及びヒアリングからターゲット像の明確化を図ります。また、他社との違いから自社の強みなど、ブランドの明確化を図ります。

02

ブランド開発フェーズ

前項で明確化された差別化要因をもとに、コンセプトの策定からブランドを具現化して、各種コミュニケーションツールの開発を行います。

03

コミュニケーションフェーズ

コミュニケーションツールの発信に向け、プロモーションやコミュニケーション計画を策定します。その後、ターゲットとの継続的なコミュニケーションから、ファン獲得を図ります。

Project

01